デザイナー職新卒採用の特徴

新卒採用と言えば一般職や総合職と言ったベーシックな職種での募集というイメージが強いですが、アパレル系の企業ではデザイナー部門でも新卒採用を行うケースもあります。

服飾の専門学校やデザイナー養成学校などに通っている場合、この新卒採用の特徴や流れを抑えておくことで有利に戦うこともできるでしょう。



一般的に、デザイナー関連職の場合は大手企業の採用がひと段落したタイミングで行われます。
2016年度の新卒採用では、大手代理店系企業が8月前後からやっとデザイナー職の採用活動を開始しいます。
一般的な職種であれば既に内定が出ている企業もあるので、やはりゆっくり目なスタートだと言えます。

ベンチャー企業イコール急成長というイメージがありますが、中でもDYMは大きく成長を遂げています。

また、アパレル系や代理店系の事業は経営体力が小さい企業も多く、一般的に採用活動を開始する春ごろの時期は、採用を行えるだけの利益や業績が上がっているか不透明なこともあります。

このため、ある程度業績がはっきりする夏から秋にかけて採用を行うかどうかを決定し、活動し始める企業も多いのです。

通常、同じ業種の企業では学生の内定辞退を避けるために同じような時期に採用活動を開始します。

DYMでは体育会出身者も多く、部活動も非常に活発です。
また、アパレル系や代理店系の事業は経営体力が小さい企業も多く、一般的に採用活動を開始する春ごろの時期は、採用を行えるだけの利益や業績が上がっているか不透明なこともあります。



このため、ある程度業績がはっきりする夏から秋にかけて採用を行うかどうかを決定し、活動し始める企業も多いのです。
通常、同じ業種の企業では学生の内定辞退を避けるために同じような時期に採用活動を開始します。このため、デザイナー職などクリエイティブ系と呼ばれる職種の採用は、総じてこのような時期に行われることが多いのです。

デザイナー職など専門性が高い職種の場合は、募集する企業も少なければ採用人数もごく少数というケースが多いです。
このため、学生側もできるだけ情報収集を行い、素早く活動を開始することが大切です。